Home > 糖質制限でダイエット話 > 糖質制限ダイエッターの味方・ラカンカット(甘味料)

糖質制限ダイエッターの味方・ラカンカット(甘味料)

2012-11-10 09.57.35

私は、ものすごい甘党なのです。

どのくらいものすごい甘党かといいますとですね、

お菓子は一人で一度に2袋全部食べきるのが当たり前。

ケーキは一度に三個食べるのが当たり前、

スイスロールは一度に一本全部食べるのが当たり前、

虎屋の羊羹は1竿全部一度に食べるのが当たり前、

お汁粉はあんこ一袋全部使って一度に食べきるのが当たり前、

サザエのおはぎは、6個入りを一人で全部10分で食べきるのが当たり前、

六花亭のマルセイバターは5個入りを3分で食べるのが当たり前で、続けて六花亭の大平原も5個入りを全部食べるのが当たり前

・・・・みたいな感じだったんです。

甘いものを甘いと感じなかったのです。

これではいかん、と思い立って糖質制限ダイエットを開始したのが今年2012年1月のことでした。

 

しかし、心配なのは、甘いものを完全に絶つことがこんな甘味中毒の私にできるだろうか、ということでした。

まあ、ふつう無理だと思いますよねえ・・・・。

そこで、転ばぬ先の杖、甘いものに走る前に糖質が超少ない甘味料を買おう!ということになりました。

しかし。近所のスーパーでは、かわいらしく小分けしてある割高なモノしか置いていないのです。

こう、がばーっと使える1キロくらいの容量の甘味料はないものか?

そう、ネット通販ならば、あるのです。

糖質制限をする上で有名な甘味料といえばラカントなわけですけれども、まあ、その、お高いのです。

800グラムで2000円超えております。

うーむ・・・・・。

貧乏糖質制限ダイエッターには、とってもしんどいお値段です。

更にしぶとく検索したところ、

1キロで2000円を切る(アマゾンで)糖質が超少ない甘味料を発見したのです、それが冒頭のラカンカットです。

ラカントも、ラカンカットも主成分は「エリスリトール」という人口甘味料でして、血糖値をほとんど上昇させず、体内に熱量を吸収させない、というダイエッターには垂涎ものなのです。

この「エリストール」は素晴らしい甘味料なのですが、通常のお砂糖よりも甘みが弱いため、お砂糖と同じ感覚で使用すると、「なんだこりゃ、甘くないじゃないか!」みたいなことに相成ります。

そこでラカントの場合は羅漢果を、ラカンカットの場合は羅漢果と甘草をブレンドして甘みを補っているのです。

お味は、まあ、独特の風味があります。これは好みですが、いやな味と思うか、コクガあると感じるか、ですね。

それからラカント、ラカンカットの両方の主成分である「エリストール」自体がこう、涼味があるというか舌先が冷たくなるというか、クールといいますか・・・みたいな癖があります。

これも、まあ、好みが分かれるところと思います。

 

しかし、私は気にしなかった!甘ければ良いと思ってた!だって、私、大雑把な貧乏舌だし~。

そこで、私は、アマゾンで1キロ1000円を切っているラカンカットを購入したわけですよ。

そして、大喜びで生姜紅茶に振りいれてみたんですよ。

そしたら

そしたら、

 

何かが違う。

すーすーする。

 

・・・貧乏舌なはずの私なのに、甘みに関しては舌が肥えていたのです。

上手く言えないけれども、何かが違うのはわかる・・・・・。

 

こうして、ラカンカットは煮物専用甘味料となり、ラカンカットで低糖質スイーツを作る夢を一旦諦めたのでした・・・・。

そう、

おから餅(サイリウムことオオバコ使用)のおから抜きで生八橋もどきを作るまでは・・・・

 

↓まだまだお世話になります・・・

ラカンカット 1kg

新品価格
¥1,887から
(2012/11/25 21:05時点)

BASE

Home > 糖質制限でダイエット話 > 糖質制限ダイエッターの味方・ラカンカット(甘味料)

検索
フィード
メタ情報

Return to page top