Home > 料理 > レシピ~「にしん豆(塩味)活力鍋使用」でお安くたんぱく質を摂取

レシピ~「にしん豆(塩味)活力鍋使用」でお安くたんぱく質を摂取

2012-11-10 09.43.57

身欠きにしんと大豆と昆布を塩味で煮てみました、その名もCpicon にしん豆(塩味)活力鍋使用 by じゅんこ13

普通、身欠きにしんと大豆と昆布という組み合わせは、しょうゆ味であまじょっぱく煮るものですけれども、私、大豆と昆布をしょうゆで煮た味が好きじゃないんですよ・・・・。

更に、昆布と身欠きにしんをしょうゆで煮た味もあまり好きじゃないんですよ・・・。

それじゃあ、大豆の五目煮も、昆布巻きも嫌いなの、と言われると、うん、嫌いなんですよね。

だから我が家の昆布巻きは身欠きにしんではなく、鮭を巻いていますし、大豆の五目煮は作らない、大豆は豆腐となっとうで摂ればいいじゃない、という食生活を貫いてきたのです。

でも、身欠きにしんも、大豆も、昆布も嫌いじゃあないんですよね。

そうよ、しょうゆを入れなければよいのだわ!

・・・・と、単純に考えて作ってしまったのですよ。

2012-11-09 11.00.20

ぼやーっとしていますが、米のとぎ汁に身欠きにしんを一晩漬けます

2012-11-09 10.58.57

同じく、大豆も一晩水に漬けます

2012-11-09 11.02.19

翌日、見事に戻った身欠きにしんの雄姿!

2012-11-09 11.02.59

活力鍋に同じく一晩水に漬けて戻した大豆と身欠きにしんと、昆布をほうりこんで、適当に塩を入れます。

ちなみに私は薄味が好きです。ええ、生臭くたっていいじゃないのよ。

よく考えたら、この時点で身欠きにしんを切っておけばよかったのだわ・・・

まあ、いいや、準備ができたら、高圧にセットしたおもりを活力鍋に装着して、点火、しゅっしゅっしゅっと沸騰したら、一分間強火で熱して、火を止めます。

煮物は冷めて行く時に味がしみますので、冷えるまでふたを開けないでそっとしておきましょう。

2012-11-10 09.44.11

冷めたらにしんを切って混ぜてできあがりです。

ダイエット中ということもあって、できるだけ薄味に仕立てています。最初にも書きましたが、普通はしょうゆ味であまじょっぱくした方が美味しいと思います。

私は、薄味のにしん豆(塩味)に酢をかけていただきました。

さて、糖質制限でダイエットをしていますと、いかにお安くたんぱく質をいただくか、がテーマとなってまいります。

おつとめ品のアメリカ産身欠きにしんと、去年買った大豆が、見事な?常備菜になったぜ、と思いきや、一晩で食いつくされました・・・・。

しくしく・・・・・。

糖質制限修行もなかなか楽ではありません・・・・。

Home > 料理 > レシピ~「にしん豆(塩味)活力鍋使用」でお安くたんぱく質を摂取

検索
フィード
メタ情報

Return to page top