Home > 料理 > とり胸肉を食らう

とり胸肉を食らう

2013-05-04 18.10.39

低糖質の食生活をしているとですね、食費がかさみがちなのです。

米ぱん麺などの穀類の安さ、とカロリーの高さを、改めて思い知らされます。

そして、安いカロリー源を、タンパク質で補うと、高くつくわけですよ。

そんな貧乏糖質制限ダイエッターの強い見方がとり胸肉なわけですよ。

うふふ・・・・。

週に一度、近所のスーパーでは、グラム30円でとり胸肉を安売りしてくれるわけで。

このときに買ってくるわけですよ。ええ。

でもって、塩と酒を振って一晩おいておいて、それから、ためしてガッテンで見た方法で切り分けて、焼いて食うわけですよ。

これが、なかなか美味いんだな。

肉には塩こしょう、な主義なワタクシ。

レパートリーが狭いってのもありますが、とり胸肉はシンプルに焼くのが美味く感じます。

トリハムもスキだけれども、焼いた肉を食いてええって気分の時は、やっぱ、塩こしょうですがな。

へたにスパイスとか使うと、食べない家族がおりましてですね・・・・。

塩こしょう最強なわけですわ。

さ、今週もチラシを見て突撃しますよー。

Home > 料理 > とり胸肉を食らう

検索
フィード
メタ情報

Return to page top