Home > 料理 > お正月に、ステビア黒豆

お正月に、ステビア黒豆

2013-12-23 14.12.50

お正月準備に、ステビアで味付けした黒豆を煮てみました

2013-12-23 10.25.44

今回は試作なので、量は少なめにしてみました。

黒豆 70グラムを水300ccに漬けて一晩おいて吸水させます。

翌朝、ステビア10振りとおしょうゆ小匙1杯を加え、活力鍋を強火にかけます。あくを取り、活力鍋のふたをします。

沸騰してしゅしゅしゅ~という音がしてきたら、50秒そのまま強火にかけ、火を止めます。

冷めたらほたる火で汁がひたひた状態になるまで蒸発させます。

 

2013-12-23 14.12.39

さび釘とか入れていないので、真っ黒とはいきませんが、ま、なんとか形になりました、はい。

いい感じにやわらかくなりましたよ。

活力鍋は、通常、強火に60秒(1分間)かけるものなのですけれど、(かつてCMソングでもそう歌っていました)、以前その通りに火を通したところ、黒豆の皮がぜーんぶはがれてただの大豆状態になってしまった・・・という悲劇に見舞われましてねえ・・・・。

以後、黒豆を作るときは、強火で沸騰させる時間を短縮しているんですわ・・・・。

 

さて、今回、甘味料には、ステビアを使用いたしました。

2013-12-23 10.25.58

これ!iHerbにて購入。

NuNaturals, NuStevia, NoCarbs Blend, 3.5 oz (98 g)という製品です。

 

昨年の秋、まだ1ドル80円・・・みたいな時期に購入しました。確か5ドルちょっと、つまり、当時は400円!!!!程度の価格でした。

で、その、400円!!!!程度で購入したこのステビア、なんと、今もまだ残っている、という。すっごいコストパフォーマンスです。

ひょっとして低糖質甘味料としては、最強アイテムかもしれませんね。

去年購入しましたNuNaturals, NuStevia, NoCarbs Blend, 3.5 oz (98 g)は、ショウガ紅茶に入れたり、おから蒸しパンやサイリウウムおから餅にまぶす黄な粉に混ぜたり、夏場は寒天にも入れたり、と大活躍してくれました。

 

ステビアは、ごく少量でかなり甘くなりますので、最初のうちは、慎重に慎重に加えましょう。

私は超絶甘党につき、少々甘くなりすぎたくらいではどってことない体質なので、今のところ大失敗したことはありません。

そんなコスパ最強なステビアNuNaturals, NuStevia, NoCarbs Blend, 3.5 oz (98 g)なのですが、弱点が全くないというわけではございません。

2013-12-23 10.26.38

・・・・しくしく・・・・(わかりにくいですな・・・・)

2013-12-23 10.26.55

うわああああああん!がつがつごりごりのカタマリになっちゃったよおおおおおお!

こんな状態になってしまったのは、今年の6月くらいのこと・・・・。

北海道の田舎住まいなので、湿度とか全然気にしないで台所に放置しておいたところ、こんなことになってしまいました。

そういうわけでして、ステビアを購入したら、冷蔵庫での保管をおすすめいたしいます。

 

は、やれやれ、お正月の煮しめや錦卵や再度作る黒豆のために、固まってしまったステビアをがりがり削ることにいたしましょう・・・・・・・・

Home > 料理 > お正月に、ステビア黒豆

検索
フィード
メタ情報

Return to page top